大阪では保育士不足が深刻である

今では夫婦共働き世帯が増えていて、結婚して子どもが出来ても会社を辞めずに働く女性が沢山います。
一昔前までは結婚して妊娠したら仕事を辞めて専業主婦になると言う女性が多かったのですが、最近では妊娠しても会社を辞めずに子どもを産んで暫くしたら会社に復帰すると言った人が増えているのです。



その原因は色々とありますが、法整備がしっかり整えられたために子どもを出産しても育児休業を取得して暫く会社を休むことが出来る点が挙げられます。


これによって会社を辞めなくても済むようになったので、女性にとっては大変有難いことだと言えます。

また特に大阪などのような大都市は家賃がとても高いので、夫婦が共に働かなければ生活することが出来ない場合が多いのです。



そのため子どもを産んでも暫くして社会復帰する女性が増えているのですが、その場合には子どもを保育園に預ける必要があります。
しかし大阪に住んでいる人の多くが共働き家庭なので、子どもを保育園に預ける女性が沢山います。
そういったこともあってどこの保育園も一杯で子どもを預けるところがなかなか見つからずに、それが社会問題化して来ています。

大阪府の保育士情報サイトはこちら

保育園が不足している大きな要因は保育士不足にありますが、保育士は重労働な割りには給料が低いのでこの仕事に就く人があまり増えないのです。

大阪でも保育士不足が深刻でそのために子どもを保育園に預けることが出来ない女性が沢山いるので、それを解消するために国や自治体が積極的に保育士不足の解消のための対策を立てる必要があります。